049 冬の心  歌

冷たい風に乗って
神様と妖精

冬を運んで来た
準備を開始

冬の支度をし
気温が下がり

神様が思うに
人間界も心を豊かに

寒い冬が良い
内側へと向かう

神様が言う
心を耕す時

豊かになるには
自分を知る機会

冬は適している
今、この時

内側へと向かう
成長する為

自分と向き合い
原石を掴み

磨きをかけ
内側から輝き

宝石が輝く
妖精達も手伝う

面倒な体験が
豊かになり

目から鱗が落ち
体験から知る人生

楽な人生は
目も心も曇る

厳しい人生は
人を豊かに

豊富な体験が
飛躍させ

新しい視界が生まれ
感覚も人生も

地に足をつけ
自身を掴んだら

才能が花開き
神様は願う

2018年11月19日月曜日作詞作
2018年11月20日~25日27日編集
2018年11月11日日曜日曲作
作詞作曲
たけうち かおり
49曲目作

題名 
冬の心

問合せ
toiawase@soul-heart-purification.tokyo
申込
application@soul-heart-purification.tokyo
たけうち かおり
https://soul-heart-purification.tokyo/