040 秋が来た 歌

秋色の空が
涼しさを感じ

風が秋を運び
涼しい風を
体で感じる

夜になると
虫達の合唱が響き
心地よい
気持ちになる

秋だなと
つくづく感じる

歩いて居ると
風が秋を知らせ

神様や妖精達が
秋の準備が整い

秋がスタートしている
神様達が考える

人間界にも
学ぶ時期が必要と
秋は適している

気温も季節も
程よい時期かと

妖精達は合わせて
秋の空や空気や

風をながしている
てんてこ舞いの妖精達

神様が思うに
1年の流れの中で

人が最も学ぶ
時期だろうと

食の秋、
芸術も
学びの時期だと

人間界は楽しい
時期と思い

神様の都合なんて
知らん顔

人間界では
秋は過ごしやすく

美味しく芸術も
この瞬間も

楽しむ季節
神様も妖精も

秋の準備が整えた                                                                
https://youtu.be/xB44h9G0LP0       

2018年9月4日火曜日作
2018年9月5日水曜日編集と録音
作詞作曲
たけうち かおり
40曲目作

題名
秋が来た

問合せ
toiawase@soul-heart-purification.tokyo
申込
application@soul-heart-purification.tokyo
たけうち かおり
人生の相談、霊視占い、浄化、有料でします
https://soul-heart-purification.tokyo/