夏の空  歌

神々の夏の準備にかかる
神様の涙が

妖精の世界で
雲になり
雨となる

雨が地上に降り注ぎ

大地を潤す

草木花が伸びたち
新緑が眩しく光り輝く

大地の潤いが
人々を潤す

人の心も軽やかに
心動かす

太陽の熱い熱が地球に届き
神々が汗をかき
水になり
雨や台風を引き起こす

時が鳴り
夏の祭りが天上界で始まり
人も活発に動き出す

妖精達は忙しく
人を幸福にする為に
日々奮闘をしている

人々は何処に幸福があるかを
探し求めている

太陽の力で元気を貰い
神様
妖精
人も活動的になる

太陽は強い力があり
あらゆる処に降り注ぐ
地球では
お祭りが始まるように

夏の次に
秋へと続く

 

2018年4月6日金曜日
2018年4月7日土曜日編集
2018年4月8日日曜日編集
2018年4月9日月曜日編集
2018年4月10日火曜日歌入れる
作詞作曲 たけうち かおり
28曲目作

題名 夏の空

問合せ
toiawase@soul-heart-purification.tokyo
たけうち かおり
自身と人生を活かし変化と成長のお手伝いします

心の目を開き真実と変容を